TEL:03-5815-5887

東京都文京区本駒込1-6-19
サンユービル2階

インターネット順番受付

院長ブログ

文京区、本駒込駅、とくなが耳鼻咽喉科、耳鼻咽喉科、アレルギー科、気管食道科、往診、扁桃膿栓、アレルギー性鼻炎

院長ブログ メールでのお問合せ よくあるご質問
Mobile
HOME»  院長ブログ

院長ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1

大相撲中継

当院では大相撲中継と春・夏の高校野球がやっている時は必ずテレビを付けています。院長が好きだからです。ちなみに私が嫌いな番組はお笑いタレントが出ている民放の番組です。それからちゃらちゃらしたトレンディドラマも嫌いです。
現在大相撲夏場所が両国国技館で開催されていて、3日目が終了した時点で照の富士と日馬富士に土が付いてしまいました。日本人の大関陣には何とか頑張って頂いて、白鳳独走とならないようにして欲しいものです。
ところで5・7・9月場所は耳鼻科診療が空いているので、夕方5時以降の3役以上の関取が登場する大相撲中継を、割とのんびり観ながら診療が出来るからいいです。でもあんまり患者さんで一生懸命相撲を見ている人は少ないかな。

2016-05-10 18:27:00

上気道炎に対する抗生剤

皆さんは抗生物質(抗生剤)が細菌をぶっ殺す薬剤であることはよくご存知だと思いますが、風邪を引いたからと言ってすぐに抗生剤を自分が飲んだり、或いは子供に飲ませる親御さんがよくいます。これはダメという訳ではないのですが、決して正しいことではありません。風邪というのはあくまで風邪ウイルスによって引き起こされる上気道炎(鼻・咽喉・上部気管までの急性炎症)でありまして、細菌の関与は如何にもありそうですが実はあまりないのです。上気道炎の症状は、熱っぽい、咽喉が痛い、咳・タンが出る、クシャミ鼻水鼻つまり等ですが、勿論風邪ウイルス以外にも原因はあります。自分の体調不良・免疫力低下、体の冷え、悪い空気や毒ガス的な物を吸ったなどです。決して直接細菌が外から侵入して悪さをすのではありません。勿論上気道炎に留まらなくて下気道炎(気管支炎・肺炎)になったり、子供に多い溶連菌性扁桃炎ともなれば抗生剤の投与が必要です。従って耳鼻咽喉科が診る範囲の上気道炎に対してあまり抗生剤を処方すべきではないのです。重症化して拗れてしまったケースは別ですが、最初から飲むべきではありません。先ずは消炎剤・鎮痛剤・鎮咳剤などで経過を見るのが正しいのです。どうしても抗生剤が欲しいとおっしゃる患者様には処方は致しますので、その点だけは御理解いただきたいと思います。

2016-04-03 19:45:00

花粉症の一発注射

スギ花粉飛散もそろそろ収束に近づいて参りました。スギ花粉症の人は本当に嫌な季節だと思います。アレルギーの薬を複数種類たくさん飲んだり点鼻したりしても、それ程辛さが解消しないなんてことはホントよくありますよね。おまけに抗ヒスタミン剤という一般的によく使われる飲み薬は眠くなるから安心して飲めないという問題があります。そこでステロイド懸濁液(ケナコルト)という薬剤を1発肩に筋肉注射して、眠気もなくて、1発か2発注射するだけで花粉症シーズンほとんど症状が出ないという優れものの方法が世にはあるんです。これを知って毎年その注射を受けにくる患者さんは大勢いるようです。しかしこの注射には様々な副作用が潜んでいることを忘れてはいけません。最も怖いのはステロイドを注射で体外から入れることによる急性副腎不全です。これは下手をすれば死に直結する事態ですし、女性だったらまず生理周期は完全に崩れます。そのほか筋注部位が薬剤の脂肪融解作用によって陥没してトラブルになるケースもあるようです。しかし患者さんがそれらを承知で自分の意志で打つのなら問題ないのですが、問題なのはそれらの副作用をろくに説明しないで、ケナコルトをバンバン花粉症患者さんに打っている一部の耳鼻科以外の医者が存在することです。しかもこれは保険が利かないと偽って数千円~数万円の高額を請求する不届き者もいるそうですから呆れてしまいます。皆さん、花粉症は辛くて大変ですけど、安易にこの注射をしてはいけませんよ!
 

2016-03-30 20:46:00

ひさしぶりのブログ

久しぶりに院長ブログを書いてみることにしましたので、よろしくお願い申し上げます。
最近になって聴力検査の機器を一新しました。患者様が中に入って検査する聴力検査BOXも新しくてきれいになりました。是非中に入ってみて検査していただきたいと思います。案外ストレスで聴力が低下していたということもありますよ。代表的な病気にメニエール病とか突発性難聴というのがあります。放っておくと聴力が治りにくくなる場合がありますので注意してほしいですね。睡眠不足は引き金になりますから早く良く寝るようにしましょう。

2016-03-28 19:17:00

膿栓の扁桃摘出について

膿栓のHP上でまた悲痛な叫びを見つけました。これも恐らく大阪の方だと思うのですが、膿栓が嫌だから扁桃腺手術して取ってもらおうと思ったんだけど、どこの病院も膿栓が理由だと手術してくれないというものでした。これは全くその通りで、当院を受診する膿栓の患者さんもよくそう言っています。膿栓がたまる場所になっている扁桃腺をなくしてしまえば膿栓の問題なんてすぐ解決するのはだれが見てみも分かる事なのに、なぜやってくれないのでしょうかねえ?洗浄もしない、手術もしない、これでは膿栓で悩んでいる人は浮かばれませんねえ。私の場合は、飯田橋のJCHO東京新宿メディカルセンターか御茶の水の神尾記念病院をいつも紹介しています。このふたつの病院は膿栓で扁桃摘出をやってくれます。でも扁桃摘出で病院を紹介する時に、地元の病院を紹介してほしいと言われることがあって、病院を指定しないで紹介状を書く場合がありますが、それでも割と手術をやってくれる場合もあります。でも紹介状の文章には、患者さんが膿栓で本当に困っていてとにかく扁桃摘出を強く希望しており、ドクターとしても是非取ってあげて下さいという内容を書いています。とにかく患者さんの口から強くお願いすることが大切だと思いますが、現実はなかなか難しいのかも知れませんね。

2015-08-29 14:06:00

膿栓治療あれこれ

昨日スマホで膿栓について調べていたら、あるHPに大阪人からの投稿があって、「自分は大阪に住んでいて膿栓で悩んでいるんだけど、どこの耳鼻科に行ってもうがい薬と抗生物質の処方だけしかしてもらえなくて、これは病気じゃないしそのままで大丈夫ですよで終っちゃうんですよね。もうホント臭いと口臭で困ってるんだから洗うかなんかしてちゃんと取ってよ!」と悲痛に訴えていました。この耳鼻咽喉科の悪しき体質は東京でももちろんそうなんですが、大阪では特にその傾向が強いように思います。当院にも他県から大勢の方がいらしてますが、大阪から来る人は多いです。患者さんだけじゃなくて僕の方からも、膿栓の洗浄治療ぐらいちゃんとやりなさいと言いたいですよ。

2015-08-28 15:12:00

子供が耳痛いと言った。

よくお母さんが幼稚園から小学校低学年の子供を連れて来られて、「子供が耳が痛かったと言ったので来た」と仰るケースがよくあります。もちろん中耳炎かもしれないということで拡大耳鏡で鼓膜を診るのですが、鼓膜が全く正常だったという場合がよくあるんです。まあ異常なしだから良かったのですが、何で痛かったのかが釈然としません。親としては忙しいのにわざわざ来たくもない耳鼻科に連れて来た訳ですから、我が子のためとは言っても少し腹立たしいかもしれませんね。これは鼻の奥と鼓膜内側の中耳腔が耳管でつながっているため、鼻をかんだり啜ったりなどという動作が耳に伝わって痛く感じることがあるからなのです。小さい子はこの耳管が短くてやや脆弱なため、こういう事象が起こりやすいという訳です。わざわざ来たけど中耳炎ではなくて良かったと思ってください。

2015-08-26 12:12:00

夏も終わりましたね。

甲子園も終わり猛暑も大分落ち着いてきました。熱帯夜から開放され、夜寝る時にエアコンを付けっ放しにしなくても平気になったと思います。明らかにエアコンによる咽頭炎で受診される患者さんが多かったのですか、そういう方がかなり減ってきたと思います。しかしエアコンを付けない代わりに窓を開けとくと、夜風が涼しくてそれで風邪引くなんて事態になるかも知れませんから、これからも気を引き締めてお過ごし下さい。

2015-08-26 09:02:00

ブログ始めてみました!

日頃から当院を御利用下さっている患者様におかれましては、本当にどうもありがとうございます。私どもの至らない点は多々あろうかとは思いますが、出来るだけ皆さん方に失礼ないしは不快な思いを抱かせないような対応を実践して行きたいと考えております。今後とも引き続きとくなが耳鼻咽喉科をよろしくお願い申し上げます。

院長 徳永雅一(50)、スタッフ5名

これから耳鼻咽喉科のブログを始めてみようと思ます。今までブログなんて勿論やったことないし、他人のブログもろくに見たことないのですが、日記を付けるようなつもりで主に耳鼻咽喉科診療のことを題材にして書いてみようと思い立ちました。きっとあんまり面白くないと思いますが、ひとつよろしくお願いいたします。

2015-08-23 15:32:00

  • 件 (全件)
  • 1
PageTop