TEL:03-5815-5887

東京都文京区本駒込1-6-19
サンユービル2階

インターネット順番受付

膿栓の治療

文京区、本駒込駅、とくなが耳鼻咽喉科、耳鼻咽喉科、アレルギー科、気管食道科、往診、扁桃膿栓、アレルギー性鼻炎

院長ブログ メールでのお問合せ よくあるご質問
Mobile
HOME»  膿栓の治療

膿栓の治療について

扁桃専用洗浄管

扁桃専用ガラス吸引管

扁桃腺に白い臭いカス(膿栓)が溜まってとても困っている患者さんが、当院には遠方からも大勢いらっしゃいます。この膿栓のために本人は咽喉の違和感やとても嫌な臭い(ドブや下水の臭い)に悩まされるのです。口臭もするため、当然人前で話す事もはばかられるという事態になる場合もあるのです。これは大変深刻な事態であり、何としても膿栓を取り除かなければなりません。咽喉をパッと見ただけでは分からない場合も多く、そういう場合は前口蓋弓という手前の襞をめくってみなければ分からないのです。

治療は専用の洗浄管を使って扁桃腺の陰窩に管の先を突っ込んで水圧を掛けて洗い出すのです。それでも不十分の時は専用のガラス製の扁桃洗浄装置で強い陰圧を掛けて吸い上げます。多少の苦痛を伴いますが、膿栓がすっきり取れて違和感と臭いから解放されます。

このように膿栓は洗浄治療やガラス吸引治療で取り除いて治療を行いますが、これを繰り返してもすぐに膿栓が溜まって困るという患者様には、膿栓が溜まる陰窩を焼き潰す治療を行う場合があります。これにより膿栓が溜まるスペースが大分小さくなり、あまり溜まらなくなることが期待できます。しかし可能ならば入院して扁桃腺摘出術をするのがベストです。

PageTop